誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

コンビニでの支払いにnanacoカードを使えば1年間に6000円以上お得

コンビニでの支払いにnanacoカードを使えば1年間に6000円以上お得

税金や保険料、公共料金や各種利用料金をコンビニで支払っている人はちょっと待ってください。コンビニでの支払いを工夫することにより大幅に節約できます。

コンビニで支払いのできる料金は、電気ガス料金、電話料金、所得税、住民税、固定資産税、自動車税、国民年金保険料、国民健康保険料、通販のコンビニ決済、ヤフオクのコンビニ決済、旅行のチケット、コンサートのチケットなど、数えきれないほどあります。

私は、固定資産税、自動車税、国民健康保険料の納付で年間50万円ほど利用しています。私のケースでは50万円をコンビニで支払うことにより6,000円分のポイントが貯まりました。

貯まった6,000円分のポイントは、通販やコンビニでの買い物に利用しました。

コンビニの支払いでポイントを入手するためにはnanacoカードを利用します。

この記事では、nanacoカードを利用してお得に各種料金の支払いをする方法を説明します。

もくじ

  1. コンビニで各種料金の支払い
  2. nanacoカードのクレジットチャージ
  3. ポイント還元されるクレジットカード
  4. nanacoカード利用の注意点
  5. まとめ

コンビニで各種料金の支払い

コンビニでは買い物のほか、各種料金の支払い、宅配便の集荷、受け取りなどができ、ますます便利になっています。

コンビニでの支払い方法は現金をはじめ、「クレジットカード」、「電子マネー」などが利用できます。

コンビニでの支払いにクレジットカードを使えば、クレジットカード利用金額に応じてポイントが貯まります。しかし、クレジットカードで支払いできるものは限られています。

例えば、「公共料金」「通販などの集金代行」「切手・はがき」「iTuneカードなどの金券」「地域指定ゴミ袋」の購入にクレジットカードは使えません。

電子マネーはクレジットカードと同じく、電子マネーで支払いできるものが限られています。

電子マネーの中で、現金と同じように支払ができるものが一つだけあります。それがセブンイレブンで利用できるnanacoです。

nanacoで支払いができないものは「nanacoカード発行手数料」「nanaco現金チャージ」「その他電子マネーへの現金チャージ」「nanacoギフト」となっています。

つまり、セブンイレブンで利用できる支払いのほとんどをnanacoで支払うことができるのです。

通常の買い物でnanacoカードを使うとnanacoポイントが貯まりますが、公共料金やコンビニ集金などの支払いでnanacoカードを使ってもnanacoポイントは貯まりません。

どうやってポイントを貯めるかというと、nanacoへ電子マネーをチャージする際にクレジットチャージという方法を使います。

nanacoカードのクレジットチャージ

nanacoカードへ電子マネーをチャージする方法は「現金からチャージ」「クレジットチャージ」「nanacoギフト」「nanacoポイントを電子マネーに交換」の4種類あります。

nanacoカードへチャージすることによりポイントをもらえる方法は「クレジットチャージ」です。

「クレジットチャージ」を利用するには、事前にnanaco会員登録をしてクレジットカードの事前登録を行います。その際にIDとパスワードが発行されます。

クレジットカードの事前登録はオンラインのパソコンかスマホを利用してnanaco会員メニューから登録することができます。

クレジットカードの事前登録が承認されしだい、クレジットチャージが利用できます。nanaco会員メニューでチャージ金額とパスワードを入力すると、チャージした金額はセンターお預かり分として登録されます。センターお預かり分はセブンイレブンのレジで残高確認をすることにより電子マネーとして反映されます。事前登録がすんでしまえば簡単です。

なお、nanacoモバイルアプリでクレジットチャージをすると「センターお預かり分」を経由せずに直接チャージできます。

クレジットチャージをするとクレジットカードの利用ポイントが還元されます。ポイント還元率はクレジットカードにより異なります。

ポイント還元されるクレジットカード

nanacoのクレジットチャージでポイント還元されるクレジットカードは限られています。おすすめのクレジットカードをまとめると以下のようになります。

クレジットカード 還元率 年会費
リクルートカード 1.2% 無料
楽天カード(JCB) 1% 無料
Yahoo!Japanカード(JCB) 1% 無料
セブンカードプラス 0.50% 500円

上記で最もポイント還元率の高いカードはリクルートカードです。私はリクルートカードを利用しています。

楽天カードとYahoo!JapanカードはJCBブランドのみnanacoチャージでポイント還元されます。VISAやMASTERブランドではポイント還元されないので注意してください。

リクルートカード

リクルートカードは年会費無料で最もポイント還元率の高いクレジットカードのひとつです。リクルートカードを利用した金額の1.2%がリクルートポイントとして還元されます。

リクルートポイントはポンタポイントに等価交換され、ローソンで利用することができます。ローソンのお試し引換券はポンタポイントでしか購入できないので、とても役に立っています。

私はクレジットチャージで貯まったポンタポイントを新商品の酎ハイやカクテルに交換しています。通常価格の半額程度で購入できるのでディスカウントストアより安く購入できます。

リクルートポイントはローソンのほか、ポンパレモールの買い物に利用できます。ポンパレモールは楽天市場やAmazonと比較すると商品数は少ないですが、利用者が多くなれば今後充実してくるのではないかと思います。

楽天カード(JCB)

楽天カード はポイント還元率が1%となります。リクルートカードより還元率は劣りますが、一般的なクレジットカードよりポイント還元率が高く、お得です。

楽天市場や楽天モバイルなどのサービスを利用中であれば、楽天カードの利用をおすすめします。

楽天カードをはじめて申し込む場合、入会特典が高額です。また、以前と比べると、入会特典のポイントを利用しやすくなっています。

Yahoo!Japanカード(JCB)

Yahoo!Japanカード【YJカード】 はポイント還元率が1%となります。リクルートカードより還元率は劣りますが、一般的なクレジットカードよりポイント還元率が高く、お得です。

ヤフオクやYahooプレミアムなどのサービスを利用中であれば、Yahoo!Japanカードの利用をおすすめします。

Yahooショッピングの商品数は楽天市場と同等レベルだと思います。おすすめです。

セブンカードプラス

セブンカードプラスはnanaco一体型のカードを選択できます。クレジットカードとnanacoカード2枚を持ち歩く必要がないので便利です。

ポイント還元率は0.5%と、一般的なクレジットカードと同等です。しかし、セブンイレブン、イトーヨーカドーでの買い物でセブンカードプラスを利用すると還元率が1.5%になります。セブンイレブン、イトーヨーカドーで買い物が多い人はポイントを貯めやすいでしょう。

セブンカードの年会費は初年度無料。2年目以降は500円ですが、年間のカード利用額が5万円以上で年会費無料となります。

クレジットカードをお得に作るには

クレジットカードをこれから作るという方は、下記の記事を参照ください。カード会社の入会特典とポイントサイト特典を重複してもらえます。通常の申し込みよりお得にクレジットカードを作ることができます。

楽天カードの入会特典で15,000円節約する

nanacoカード利用の注意点

nanacoカードはセブンイレブンやイトーヨーカドーの店頭で申し込むことができます。スマホで使えるnanacoモバイルであれば店頭に行く必要はありません。

nanacoカードの発行手数料は300円かかる

nanacoカードの発行手数料は300円です。たとえ発行時に300円かかったとしても、30,000円のクレジットチャージで元をとれます。

nanacoカード発行手数料の300円を節約したいときはおサイフケータイのnanacoアプリ対応のスマホでnanacoモバイルを利用しましょう。nanacoモバイルは発行手数料がかかりません。

nanacoモバイルは便利

nanacoカードは、nanaco会員メニューでしかクレジットチャージできません。nanaco会員メニューでクレジットチャージを行うと、チャージした金額はセンターお預かり分として登録されます。センターお預かり分を電子マネーに反映させるにはレジで残高確認をしなければなりません。

nanacoモバイルの専用アプリを使ってクレジットチャージをすると、センターお預かり分ではなく、直接nanacoモバイルの電子マネーとして登録されます。

nanacoチャージ上限額は5万円です。1回の支払いが5万円未満のであれば支払いの都度レジで残高確認すれば問題ありませんが、1回の支払いが5万円以上の場合、nanacoモバイルが便利となります。

nanacoモバイルはオフラインでも使用できます。たとえば、SIMカードを抜いたスマホに自宅Wifiでクレジットチャージして、セブンイレブンでそのままnanacoによる支払いをすることができます。スマホの電源off状態でも支払いできます。

2017年1月時点でnanacoアプリ対応の最も安く入手できるSIMフリースマホはシャープ製SH-M02です。

なお、iPhone7のApple Payは、nanacoモバイル非対応です。

nanacoカードのクレジットチャージ上限

nanacoカードの電子マネーチャージ上限額は5万円です。ただし、センターお預かり分として追加で5万円をチャージすることができます。実質10万円のチャージが可能となっています。センターお預かり分を反映させるにはセブンイレブンのレジで残高確認をすることにより、nanacoカードに反映されます。

1回の支払いが5万円を超える場合、nanacoで5万円分支払い⇒残高確認(センターお預かり分を反映)⇒nanacoで残額を支払いという手順で支払いをすることにより、10万円までの支払いが可能となります。

1回の支払いが10万円を超える場合、複数のnanacoカードを利用すれば可能ですが、そこまで大きな金額を請求されるケースはほとんどないのではないでしょうか

なお、クレジットチャージでは、1回のチャージ金額は5,000円以上29,000円までです。1ヶ月間では15回、合計金額で20万円までチャージできます。1日では3回までチャージできます。

まとめ

コンビニで各種料金を支払う際はセブンイレブンのnanacoカードを使えば家計の節約につながります。

nanacoカードへクレジットチャージをすると、クレジットカードのポイントが貯まり、ポイント還元分がお得になります。

nanacoカードへクレジットチャージすることのできるクレジットカードは限られている。最も還元率の高いクレジットカードは「リクルートカード」です。

nanacoカードには利用上限金額があるので、高額の支払いには工夫が必要です。nanacoモバイルを使えばもっと便利になります。

やってみるととても簡単なのでぜひ試してみてください。