誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

運動不足を解消するために折り畳み自転車を購入して2年後

運動不足を解消するために折り畳み自転車を購入して3年後

1週間のうち何日運動していますか?

日常生活の中で運動不足を感じている人は多いと思います。私は結婚してから、平日は仕事で忙しく、土日は子供の世話などで、ほとんど運動をしていませんでした。

健康診断の問診票では、1週間に1回以上の運動がないと医師から注意されます。運動不足は肥満や生活習慣病などの原因となるため、定期的な運動は欠かせません。

しかし、いざ運動をしようと思っても、やる気が出ません。だって家でゴロゴロしながらテレビを見ていたほうが楽ですもんね。「運動をすると疲れる」、「運動をする暇がない」、「運動をするにもお金がかかる」などの理由でどうしても運動不足になってしまいます。

お金も時間もかからず手軽な運動として「自転車」があります。私は2013年に折り畳み自転車を購入しました。なぜ折り畳みにこだわったかというと、自動車に積むことができるからです

折り畳み自転車を購入して運動不足が解消されたのか?自転車を購入して約3年が経過したので、その効果を振り返ってみました。

もくじ

  • 自転車のメリット
  • 折り畳み自転車のメリット
  • 折り畳み自転車で運動不足は解消できたのか
  • 軽自動車に折り畳み自転車を積んだらどうなるか
  • 通販の折り畳み自転車を購入するときの注意点
  • まとめ

自転車のメリット

私は運動不足解消としてこれまで、ウォーキング、ジョギング、スポーツジム、自転車、水泳などに挑戦してきました。この中で継続しているのは自転車です。

☆自転車は維持費がかからない

スポーツジムや水泳は設備の使用料がかかります。

ウォーキングやジョギングは運動靴やスポーツウエアが必要です。とくに靴が足に合わないと、足を痛めてしまうので、あまり妥協はできません。

自転車であれば、動きやすい服装で十分です。冬であれば、手袋やニット帽は必要ですが、とくに品質にこだわる必要はないかと思います。

自転車を所有していなければ、自転車が必要ですが、ママチャリであれば1万円程度ですし、2万円あれば安いスポーツ向けの自転車を購入できます。

☆買い物ついでに運動できる

自転車は、買い物などの移動手段として使うことができます。自転車に乗っている時間を有効に活用できます。

一般的なスポーツは、そのスポーツをすることが目的になります。そのスポーツをしている時間は他のことができません。

自転車は、移動のついでに行うことができるため、気軽に始められるといえます。

☆自転車は体への負担が少ない

自転車は、ウォーキングと比較して足や腰への負担が少ないといわれています。実際にウォーキングやジョギングは足を踏み出すたびに体に衝撃を感じます。下り坂は膝を痛めやすいです。

ゆっくり歩けば足への負担は軽くなりますが、それでは運動効果がありません。自転車は、体を傷めずに、運動効果を高められる乗りものといえます。

☆目的地へ行く途中の景色を楽しめる

屋内のスポーツは、景色の変化がないため、飽きてしまいます。自転車は自分の好きな場所へ自由に行くことができます。

ウォーキングと比較すると行動範囲が広いので、様々な風景を楽しむことができます。探検、冒険気分で出かけるのもいいですね。

ただし、わき見運転は危険なため、景色を注意深く観察したいときは、止まりましょう。

☆自転車のデメリットは危険なこと

自転車はスピードがでます。時速20Kmで走ると1秒間に5.5m進みます。少しでもわき見をすると、前方の障害物に気付かずに衝突する恐れがあります。

見通しの悪い場所は、速度を落とすなど、十分に注意して運転する必要があります。人が少なく、見通しのよい場所で自転車を運転できればベストです。

雨の日に自転車に乗ることは自殺行為です。雨の日は視界が悪くなり、衝突の危険性が増します。また、路面が滑りやすくなり、転倒の恐れがあります。

折り畳み自転車のメリット

☆保管場所をとらない

自転車を所有すると、自宅の敷地内や駐輪場などに保管しなければなりません。屋外に保管するとすぐにさびてしまいます。できれば倉庫などの屋内に保管することが望ましいです。

折り畳み自転車であれば折りたたんでコンパクトになります。私は折りたたんだ状態で車に積んでいます。車に積んでおけば、ほこりなどが付きにくく、手入れが楽ちんです。

☆遠方に自転車を持っていくことができる

通常の自転車を車載するためには、大型のワゴン車が必要ですが、折り畳み自転車であれば、軽自動車に積むことができます。

サイクリングのできる公園などに車で行き、自転車を降ろしてサイクリングを楽しむことができます。

自転車で爽快に走ることができたとしても、毎回同じ景色では飽きてしまいます。場所を変えることにより、違った景色で飽きずにサイクリングを楽しむことができます。

折り畳み自転車で運動不足は解消できたのか

自転車を購入してから約半年間は1週間に2回ほど通勤などで使用していました。普段は自転車を自動車に積んで通勤しているので、近所へ用事があるときは、職場から自転車で移動していました。

向かい風を受けて走るときはきついですが、追い風のときの爽快感はたまりません。ウォーキングより明らかに足の筋肉に負荷がかかります。

ペダルを強くこぐときにはハンドルを引く力も必要となるため手や腕、背中にも負荷がかかります。したがって、自転車に乗ることによって体全体を鍛えることができます。

自転車を購入して半年後に、事情により自転車での通勤ができなくなりました。通勤で使用しなくなると、自転車に乗る機会が大幅に減り、1か月に2~3回しか乗る機会がなくなってしまいました。

自転車に乗る機会が減った代わりに、室内でできる腹筋ローラーを使って1日5分程度の筋トレをしています。

頻繁に買い物に行く機会のある人であれば、かなりの運動量になると思います。

☆自転車でダイエットできるのか

体重60kgの人が、時速20kmで1時間走行すると、約450kcalを消費するといわれています。速足でのウォーキングと比較すると消費カロリーは約1.5倍となります

実際の道路は起伏があったり、信号があったりするため時速20Kmを継続することは不可能ですが、一生懸命ペダルをこぐと、心拍数や呼吸回数が増え、体に負荷がかかっていることがわかります。

週に2~3回、1時間程度自転車に乗る機会を作って運動を継続すると運動量としては十分と思われます

ただし、悪天候の日には自転車に乗れないため、室内での筋トレなどと複合的に行うことが必要です。

私は家で1週間に1~2回は腹筋ローラーで腹筋を鍛えています。自転車だけでなく、簡単な運動を複合的に行うことにより、ここ数年は体重変動がありません。

過去にスポーツジムや、プールに通っていた時より、体重の維持ができているように思います。

軽自動車に折り畳み自転車を積んだらどうなるか

私はいつもに自転車を軽自動車に乗せています。最近の軽自動車は、乗車スペースが広いため、自転車を積んでも4人が乗車できるようになっています。

軽自動車に簡単に乗せるには

下の写真が車載した折り畳み自転車です。自転車を半分に折り曲げて、荷室に乗せています。後部座席を10cmほど前にスライドさせています。ハンドルは曲げずに乗せています。

バンジーコード(フック付きのゴムひも)を後部座席のヘッドレストに巻き付け、自転車のサドルに固定しています。後部座席と自転車がしっかり固定されるため、悪路でも不安定になることがありません。

車の車種は「スズキパレット」です。折り畳み自転車の車種は「MYPALLAS M-670」です。

折り畳み自転車をパレットに積載

車から降ろして折れ曲がっているヒンジを伸ばしてロックするとすぐに乗れます。重さは18kgなので、私は腕の力だけで持ちあげます。

折り畳み自転車を組み立てた状態

「MYPALLAS M-670」のおすすめポイントは価格が安いこと。前後サスペンション搭載。ロードバイク風の26インチタイヤです。

私は通信販売で折り畳み自転車を購入しました。価格は送料込みで18,000円程度でした。前後サスペンションは段差による体への衝撃を和らげることができます。

この手の自転車はマウンテンバイク風で、ブロックタイヤを搭載しているものが多いのですが、「MYPALLAS M-670」は凹凸のすくないタイヤを搭載しています。地面に対する抵抗が少なく、疲れにくいと思います。

変速ギヤは6段で十分です。私はほとんど変速機を使わず、4段で固定しています。

ライトと鍵がついていないので、追加で購入する必要があります。

標準でタイヤに付属している虫ゴムは空気が抜けやすいため、100円ショップで買える、「スーパーバルブ」に交換することをお勧めします

通販の折り畳み自転車を購入するときの注意点

私は通販で自転車を購入しました。通販で購入するときは購入時にブレーキ調整やボルトのゆるみ確認などの整備が必要です。

整備方法をネットで調べることができますが、最低限の工具がないとできません。自分で整備できないときは詳しい人にお願いするか、サイクルショップに持ち込んで整備してもらうようにしましょう。

まとめ

私は運動不足解消としてこれまで、ウォーキング、ジョギング、スポーツジム、自転車、水泳などに挑戦してきました。この中で継続しているのは自転車です。

自転車による運動は手軽で長く継続できることが一番のメリットです。自転車だけでは雨の日の運動ができないので、室内で軽く運動できる器具を準備しましょう。自転車プラスアルファで、運動不足を解消し、健康な生活を維持しましょう。