誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

機種代込みで月額1,980円!ワイモバイルは格安SIMより安いのか?

機種代込みで月額1,980円!ワイモバイルは格安SIMより安いのか?

ワイモバイル(Y!mobile)のキャンペーン

ワイモバイルでは、2016年6月から「ワン!キュッパ割」を実施しています。条件に適合した人は、機種代込みで、月額1,980円(2年目は2980円)でスマホを維持できます。

ワイモバイルの「スマホプラン」は10分以内の無料通話300回分が基本料金に含まれ、パケット通信もできます。さらにスマホの分割払い金額も込みで月額1,980円(2年目は2,980円税抜)なので、同一条件では他の通信会社と比較すると最安値になります。

ただし、ワイモバイルのすべての機種で、月額1,980円で維持できるわけではありません。例えば、ワイモバイルの人気機種「android one」の料金は機種の分割払い込みで月額3060円(2年目は4060円税抜)です。

この記事ではワイモバイルでスマホを購入するときの条件や、注意点などを解説します。

目次

  1. ワイモバイルへ乗り換えに適した人
  2. ワイモバイルでスマホを購入するメリット
  3. ワイモバイルの料金プラン
  4. ワイモバイルを月額1,980円(2年目2,980円)で運用する条件
  5. ワイモバイル契約時の注意点
  6. ワイモバイルおすすめ機種

ワイモバイルへの乗り換えに適した人

  1. 通信費を節約したい。
  2. iPhoneにこだわらないがスマホを使いたい。
  3. スマホやルーターの2台持ちはいやだ。
  4. 通話をする機会は多いが長電話をしない。長電話をするときはLINEやSKYPEを利用できる。
  5. 自宅ではWifiを使っている。外出先でのデータ通信はLINE、メールチェック程度。
  6. キャリアメールを使わない。Gmailなどのフリーメールで十分。
  7. ドコモ、auの2年契約満了が近いが、乗り換え先が決まっていない。

上記にあてはまる人はワイモバイルを検討する価値があります。

当ブログでは他の記事でガラケーを推奨していますが、ガラケーを使うと、どうしてもスマホとガラケーの2台を持ち歩かないといけません。

バッグなどを持ち歩かない人にとって、2台持ちは邪魔になります。ワイモバイルであれば1台のスマホで通話もネットもでき、便利です。

ワイモバイルへの乗り換えに適さない人

  1. iPhoneなど、高機能な特定のスマホ端末がほしい。
  2. @docomoなどのキャリアメールを使っている。

キャリアメールを使うには、ドコモなどの大手キャリアのスマホを使うしかありません。とくにキャリアメールを変更したくなければ、機種変更しか選択肢がなくなります。

機種変更は、乗り換え特典を受けることができず、どうしても割高になってしまいます。キャリアメールは、迷惑メールがたくさん届いたり、特定のドメインからの受信ができなかったり、使い勝手が悪いです。

ワイモバイルを使っていてもGmailなどのフリーメールを利用することができますので、検討してはいかがでしょうか。

ワイモバイルでスマホを購入するメリット

通話料金を含めるとNVNOの格安SIMより維持費が安い

ワイモバイルの最低維持費は機種代込みで月額2,980円(税抜)です。

さらに1年間1,000円割引されるため1年目は月額1,980円(税抜)になります。

ワイモバイルでMNP契約した場合、同時に購入したスマホの機種代金は毎月の通信量から割引されます。一部の機種は、実質負担額0円で入手できるため、月額料金は「スマホプランS」の料金のみ1,980円(2年目2,980円)となります。

2016年11月からワイモバイルで人気のiPhone5Sの実質負担額も0円になりました。。

ワイモバイルで実質負担額0円のスマホを購入することで、2年間の維持費は64,272円(税込)になります。

ソフトバンクでiPhone6をMNP購入した場合と比較すると8万円~10万円の費用が削減できます。

格安SIMで、通話に特化したキャリアといえば、【楽天モバイル】 があります。楽天モバイルは、2016年7月1日から「コミコミプラン」の新料金サービスを開始しました。

楽天モバイルの新料金の「コミコミプランS」では「スマホ1台」(「ZTE BLADE E01」または「Zenfone2Laser」または「Zenfone Go」)「5分間かけ放題」「高速データ通信容量2GB」が込みで2年契約となります。料金は月額1,880円(2年目2980円税別)となり、ワイモバイルよりもわずかに安くなります。

楽天モバイルの「コミコミプランS」のセット端末である「ZTE BLADE E01」「Zenfone2Laser」「Zenfone Go」のスペックは「Huawei LUMIERE 503HW」「iPhone5S」より劣ります。

また、無料通話時間が、ワイモバイルの10分間に対して楽天モバイルは5分間となります。

個人的には、楽天モバイルよりもワイモバイルのほうがお得感が高いのではないかと思います。

ワイモバイルのスマホプランに無料通話がついてくる

ワイモバイルのスマホプランには1回あたり10分以内の無料通話が300回分ついてきます。日本国内であれば、固定電話や、他社ケータイを含めどこへかけても無料です

1か月間に300回を超えたり、1回あたり10分を超える国内通話は、30秒につき20円の通話料が別途かかります。この1か月に300回の通話制限は、2017年に撤廃される予定です。

ワイモバイルで無料通話の回数や時間を気にせずに通話したいときは、「スーパー誰とでも定額」のオプションをつけることができます。「スーパー誰とでも定額」をつけると、月額1,000円で時間・回数とも無制限。国内通話がかけ放題になります。

ワイモバイルのスマホプランは、無料通話を外すことができません。通話をしないのであれば、無料通話は無駄になるため、格安SIMを選択したほうが安くなります。

ワイモバイルの店舗がたくさんある

ワイモバイルショップは、ドコモショップやau、ソフトバンクほどではありませんが、全国に多数あります。所有の機種に不具合が発生したときなどに最寄りのワイモバイルショップに持ち込んで相談することができます。

また、新規契約や機種変更時にワイモバイルショップの店員から詳細の説明を受けることができ、安心です。

ワイモバイルは大手キャリアと比較するとユーザー数が少ないため、ドコモショップなどのように混雑し、待たされることもありません。

もちろんワイモバイルオンラインストアでの新規契約やMNPも可能です

家族割がある

ワイモバイルを家族で2台以上契約すると、1台あたり500円の割引が適用されます。

家族割はワンキュッパ割引を併用できますので、月額1980円からさらに500円が割引されます。

1年目:1620円(機種代金の分割払い分)2年目:2480円となり、さらに安くなります。

光おトク割がある

ワイモバイルとソフトバンク光を同時に契約すると、ワイモバイルの月額料金が割引されます。

例えばソフトバンク光(マンション)とワイモバイル3台の契約で毎月のワイモバイル利用料金から3800円割引されます。

1台あたりの割引額は1266円となります。うまく利用するととても安く運用できます。

詳しくはこちらを参照ください。

ソフトバンク光とワイモバイルのセット割引がすごい

ワイモバイルの料金プラン

スマホプラン S スマホプラン M スマホプラン L
高速データ通信料 1GB⇒2GB 3GB⇒6GB 7GB⇒14GB
基本使用料(税抜) 2980 3980 5980

ワイモバイルでは2015年9月から、「データ容量2倍キャンペーン」が実施されています。新規または他社から乗り換え(MNP)で契約すると、高速通信容量が2年間2倍になるキャンペーンです。

ワイモバイル「スマホプランS」の通信料が2Gで足りないときは、毎月1,000円追加し、「スマホプランM」にすることにより、6GBまで使えるようになります。

ワイモバイルを月額1,980円(2年目2,980円)で運用する条件

他社からワイモバイルへ乗り換えが必要

ワイモバイルを最安値で運用するための前提となるのが、他社からの乗り換え(MNP)です。他社とは、「ソフトバンク」以外のことをいいます。

ワイモバイルで新規契約の場合、分割購入割引が減額されてしまうため、月額料金が高くなります。

「ワンキュッパ割」を適用

ワイモバイルの「ワンキュッパ割」を適用すると1年目の月額料金が1,000円割引になります。

以前は「学割」という形で、同じような割引がありましたが、2016年6月からは年齢制限がありません。

ワイモバイルを「スマホプラン」にて、新規または他社からののりかえ(MNP)で、で契約すると「ワンキュッパ割引」が適用されます。

「Huawei LUMIERE 503HW」または「iPhone5S」を購入

ワイモバイルを最安値で維持できる機種は「Huawei LUMIERE 503HW」または「iPhone5S」の2択となります。

「おさいふケータイ」や「防水」機能が必要であれば「Android one」を選択できます。その場合は維持費がプラス1000円/月かかります。

ワイモバイルの製品の中では「Huawei LUMIERE 503HW」と「iPhone5S」の性能差はほとんどないので、好みで選べばよいと思います。

ワイモバイル契約時の注意点

2年間の最低利用期間がある

ワイモバイルのスマホプランはドコモなどと同じ2年間の契約となっています。2年契約にしなければ月額料金が2倍近くに跳ね上がります。

ワイモバイルでは、大手キャリアと同じく、2年後の契約更新月以外の月に解約すると、9,500円(税抜)の契約解除料がかかります。契約更新月に解約しないと、2年間の契約が自動更新され、自動更新後2年以内に解約すると、契約解除料がかかります。

ワイモバイルで自動更新されると、「データ容量2倍キャンペーン」が終了となり、高速通信容量が半分になります。毎月の支払金額は変わりませんが、スマホの分割購入分の割引が終わり、割高に感じます。

途中解約金を払わずに解約するには、「契約更新月」の2か月の間に解約しなければなりません。「My Y!mobile」等で自分の契約内容をつねに意識しておく必要があります。

ソフトバンクからの乗り換えだと、MNP割引特典が適用されない。

ワイモバイルはソフトバンクが運営しています。したがってMNPの割引特典を適用させるには、ソフトバンク以外からのMNPでなければなりません。

MNP割引特典を適用させるには、auやドコモ、その他格安SIMのキャリアからワイモバイルへ乗り換えるようにしてください。

ワイモバイルの端末はSIMロックされている。

ワイモバイルで購入できる端末はすべてSIMロックされています。基本的にワイモバイルを解約後にワイモバイルで使用していた機種を他社で流用することができません。

ただし、一部の機種ではSIMロックを解除できます。「Huawei LUMIERE 503HW」はSIMロック解除可能です。「iPhone5S」はSIMロック解除不可です。

ワイモバイルでSIMロック解除できる期間は「購入日から180日経過後から、解約後90日まで」です。「My Y!mobile」で手続きをすればSIMロック解除手数料はかかりません。

ワイモバイル解約後も予備としてスマホを使いたい場合はSIMロック解除できる端末を選定し、契約期間内に早めにSIMロック解除手続きをすることをおすすめします

ワイモバイルおすすめ機種

Huawei LUMIERE 503HW

ワイモバイルHuawei LUMIERE 503HW

ワイモバイルで購入できる端末で最もおすすめの機種は「Huawei LUMIERE 503HW」です。SIMフリー端末で人気の「HUAWEI P8lite」のワイモバイル版です。

「5インチ 液晶ディスプレー(1,280×720)、クアッドコア(4コア)のCPU、メインメモリー2GB、記憶装置:16GB、バッテリー容量:2200mAh」と、実質0円で買える機種としては機能が高いです。

SIMフリー版の「HUAWEI P8lite」は22,000円程度で購入できます。価格.COMの評価は極めて平均的です。ワイモバイル版は評価者の数が少ないのですが、バッテリーの評価が悪くなっています。内蔵アプリが影響しているのかもしれません。

ワイモバイルでは無料でSIMロック解除可能なので早めに解除しておきましょう。

iPhone5S 32G

ワイモバイル iPhone5S

ワイモバイルで購入できる端末で2016年11月から値下げされた「iPhone5S」もおすすめです。16GBと32GBの実質負担額はどちらも0円です。

「4インチ 液晶ディスプレー(1,136 x 640)、A7チップとM7モーションコプロセッサ、記憶装置:32GB、Antutu 6.0スコア 約45,000」と現在のミドルレンジスマホの性能があります。

SIMフリーのiPhone5S未使用品の市場価格は4万円以上します。iPhone5Sが実質無料で購入でき、さらに大手キャリアと違って月額料金が安いので本当におすすめです。

「iPhone5S」はワイモバイルのSIMロック解除ができません。解約後は、自宅の無線LAN専用で活用する方法があります。

ワイモバイルまとめ

ワイモバイルの料金プランやキャンペーンをまとめてみると、ある程度通話をする場合は、格安SIMよりも安く運用できることが分かりました。

これほど魅力的な商品をもっていながら、ワイモバイルの人気が爆発しない理由としては、「魅力的なスマホ端末がない」「2年縛り」「ソフトバンクとの競合」などがあげられると思います。

ワイモバイルは、通話やデータ通信をしつつ、スマホ1台で使いたい人には最安値で運用できます。ドコモなどで契約満了月の近い方は検討してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事も参照ください

ワイモバイルのスマホをお得に購入するための注意点