誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

機種代込みで月額1,880円!楽天モバイルのコミコミプランはお得なのか

機種代込みで月額1,880円!楽天モバイルのコミコミプランはお得なのか

2016年7月から【楽天モバイル】 が「コミコミプラン」という新たな料金プランの提供を開始しました。楽天モバイルのコミコミプランはその名のとおり、スマホ端末、高速通信、通話料込みの定額プランです。

一番安いコミコミプランSで、1年目の料金が月額1,880円(税別)、2年目の料金が月額2,980円(税別)です。

1年目と2年目の月額料金が違うことで、わかりづらくなっていますが、2年間の合計は58,320円(税別)1か月あたりの平均は2,430円(税別)です。

楽天モバイルのコミコミプランは、通常の端末セットで申し込むよりもお得になっていますが、いくつかの制約があるため注意が必要です。

この記事では、楽天モバイルのコミコミプランについてまとめます。

なお、表示価格はすべて税抜となります。

もくじ

  1. 楽天モバイル コミコミプランの概要
  2. 楽天モバイル コミコミプランのメリット
  3. 楽天モバイル コミコミプランのデメリット
  4. 楽天モバイル コミコミプランのおすすめ機種
  5. 楽天モバイル コミコミプランまとめ

楽天モバイル コミコミプランの概要

楽天モバイルのコミコミプランの料金やセット端末をまとめると以下のようになります。表示価格は税抜きです。

プラン名 コミコミプランS コミコミプランM コミコミプランL コミコミプランLL
高速データ通信容量 2GB/月 2GB/月 4GB/月 4GB/月
1年目 1880円/月 2480円/月 2980円/月 3480円/月
2年目 2980円/月 3480円/月 3980円/月 4480円/月
3年目以降 2446円/月 2230円/月 2613円/月 2696円/月
2年総額 58320円 71520円 83520円 95520円

楽天モバイルのコミコミプランは4種類あり、それぞれセット端末や高速データ通信容量は決まっています。

1年目の料金は2年目と比較して1,000円又は1,100円安くなります。1年目を安くすることにより、より安く見せる効果を狙ったもので、通信キャリアの会社ではよくある割引サービスです。

3年目以降の料金に注目すると、コミコミプランS,Lは高速データ通信容量が同じ2GBにもかかわらず、月額料金が異なります。3年目以降の料金だけ注目するとコミコミプランSよりコミコミプランMのほうがお得といえます。

通常プランの通話SIM3.1GB(1600円税抜)と楽天でんわ5分かけ放題(850円税抜)は合計で月額2450円(税抜)となるので、コミコミプランを継続して3年目以降のメリットはあまりないように思います。

楽天モバイル コミコミプランで選べる機種

楽天モバイルのコミコミプランで選べる機種は以下の通りです。

コミコミプランS コミコミプランM コミコミプランL コミコミプランLL
ZTE BLADE E01 HUAWEI P9 lite arrows M03 honor 8
Zenfone2 Laser AQUOS SH-RM02 Zenfone3
Zenfone Go AQUOS SH-M04

楽天モバイル コミコミプランのメリット

楽天モバイルの端末セットで購入するより割安

楽天モバイルのコミコミプランで契約すると、通常の契約よりも安くなります。

楽天モバイルの料金プランは高速通信容量に応じて、「ベーシックプラン」「3.1GBプラン」「5GBプラン」「10GBプラン」に分けられます。

通常の料金プランに「2GB」「4GB」がありませんので比較しにくくなっています。

例えば楽天モバイルのコミコミプランSの2年間の支払総額は58,320円です。

楽天モバイルのコミコミプランを適用させず、同じような条件で契約すると次のようになります。

楽天モバイルの「3.1GBプラン」の通話SIM:1600円、5分かけ放題オプション:850円、「Zenfone Go」端末代金19,800円を端末セットで購入すると、2年間の支払金額は78,600円

78,600円-58,320円=20,280円お得になります。

端末代金分が実質無料に近いと考えてもいいでしょう。

楽天モバイルのコミコミプランMの2年間の総支払額は71,520円になります。

楽天モバイルのコミコミプランを適用させず、同じような条件で契約すると次のようになります。

楽天モバイルの「3.1GBプラン」の通話SIM:1600円、5分かけ放題オプション:850円、「HUAWEI P9 lite」端末代金29,800円を端末セットで購入すると、2年間の支払金額は88,600円

88,600円-71,520円=17,080円お得になります。

端末代金分が実質10,000円程度と考えることができます。

楽天モバイルのコミコミプランLの2年間の総支払額は83,520円になります。

楽天モバイルのコミコミプランを適用させず、同じような条件で契約すると次のようになります。

楽天モバイルの「5GBプラン」の通話SIM:2150円、5分かけ放題オプション:850円、「arrows M03」端末代金32,800円を端末セットで購入すると、2年間の支払金額は104,800円

104,800円-83,520円=21,280円お得になります。

こちらも端末代金分が実質10,000円程度と考えることができます。

楽天モバイルの3つのコミコミプランを比較してみると、端末代金が実質無料となるコミコミプランSが最もお得感があります。

ただし、楽天モバイルでは、定期的に端末料金の大幅な割引キャンペーンが実施されています。後述するコミコミプランのデメリットがいやなときは、端末料金を割引価格で購入し、通常の通話SIMを契約したほうがいいかもしれません。

新規契約で割引が適用される

ドコモなどの大手キャリアではMNP(他社からのりかえ)でないと、割引が適用されません。新規契約だと割引額が少なくなります。

この楽天モバイルのコミコミプランは、新規契約でも割引が適用されます。

新規契約を検討している人にとっては他社の同様のプランと比較すると楽天モバイルが最もお得といえます。

逆にMNPによるメリットがないということは楽天モバイルを含め、他社の格安SIMの特徴の一つです。

楽天モバイル コミコミプランのデメリット

楽天モバイルのコミコミプランは、通常の端末セットより安く購入できる代わりに、いくつかの制約があります。

2年契約が必要

通常、楽天モバイルの通話SIMの最低利用期間は1年間です。1年以内に解約すると、違約金9,500円が発生します。

楽天モバイルのコミコミプランの最低利用期間は2年です。2年以内に解約すると、違約金12,000円が発生します。

楽天モバイルは他社と比較すると端末の割引が大きいです。したがって、契約期間の縛りを設けるのはしかたのないことなのかもしれません。

ただしドコモなどの大手キャリアでは、違約金なしで解約できる期間は2年ごとに2か月間しかありません。この2か月間に解約しなければ、2年契約の自動更新となり、2年経過後も違約金が発生します。楽天モバイルのコミコミプランでは、2年経過後はいつ解約しても違約金は発生しないので良心的といえます。

3年目以降の料金はそれほどお得とは言えません。3年目の契約条件が合わなければ、通常プランに移行するか、他社へ乗り換えるか検討が必要です。

5分かけ放題オプション解約で違約金12,000円が発生

楽天モバイルのコミコミプランを契約してから2年以内に5分かけ放題オプションを解約すると違約金12,000円が発生します。解約しなくても違約金が発生するので注意が必要です。

プラン変更すると損

高速データ通信容量は、容量増加の場合のみ変更できます。例えば楽天モバイルのコミコミプランLは5GB、10GBプランに変更できます。

高速データ通信容量を変更すると、コミコミプランの割引は適用されなくなり、楽天モバイルの通話SIM通常プラン料金と端末代金の分割払い金が請求されます。

端末代金の分割払い金額は税込でコミコミプランS 576円、コミコミプランM 1,349円、コミコミプランL 1,476円となります。

楽天モバイルのコミコミプランLとMは端末代金が高めに設定してありますので、プラン変更すると損です。

楽天モバイルの他のキャンペーンが対象外

例えばコミコミプランは「【楽天モバイルお申し込み特典】SIMカード 月額料金が1カ月無料」の対象外となります

楽天モバイルの端末の割引キャンペーンなども対象外となります。

端末や高速データ通信容量を選べない

楽天モバイルのコミコミプランは、端末が限定されています。また、高速データ通信容量が2GBまたは4GBのみです。

例えば高速データ通信容量が足りなくなった場合、プラン変更するとかえって高くなります。

通信容量は2GBや4GBで足りるのか、あるいは多すぎないか、事前に十分に検討する必要があります。

端末も限定されます。例えば「arrows M03」がほしいけど通信容量は2GBで十分という人には、コミコミプランを選ぶメリットはなくなります。

楽天モバイルのコミコミプランによる恩恵を受ける人は、かなり限定されるかもしれません。

楽天モバイル コミコミプランのおすすめ機種

Zenfone Go【コミコミプランS】

楽天モバイルコミコミプラン Zenfone Go

「Zenfone Go(16GB)」は楽天モバイルコミコミプランSのセット端末で、一番のすすめです。2016年11月に追加されました。

「5.5インチ 液晶ディスプレイ(720×1,280)、4コアCPU(Snapdragon400)、メインメモリー2GB、記憶装置:16GB、バッテリー容量:3010mAh」と、ブラウジングや軽いゲームをするには十分な性能は備わっています。

5.5インチのスマホでは一番安い機種となります。なるべく大きい画面のスマホをほしい人にはちょうどいいのではないでしょうか。

バッテリー容量も大きいので、1日は十分にもちます。レビューサイトの評判も悪くありません。

Zenfone2Laser(16GB)【コミコミプランS】

楽天モバイルコミコミプラン Zenfone2Laser(16GB)

「Zenfone2Laser(16GB)」は楽天モバイルコミコミプランSのセット端末です。こちらもおすすめです。

「5インチ 液晶ディスプレイ(720×1,280)、4コアCPU(MSM8916)、メインメモリー2GB、記憶装置:16GB、バッテリー容量:2400mAh」と、ブラウジングや軽いゲームをするには十分な性能は備わっています。

Zenfone2Laser(16GB)の市場価格は1.8万~2万円です。コミコミプランSの料金でこのクラスの端末が手に入るので、コストパフォーマンスは非常に高いと思います。

AQUOS SH-RM02【コミコミプランM】

楽天モバイルコミコミプラン AQUOS SH-RM02

「AQUOS SH-RM02」は、楽天モバイルコミコミプランMのセット端末です。おサイフケータイが必要な人にはおすすめです。

「5インチ 液晶ディスプレイ(720×1,280)、4コアCPU(MSM8926)メインメモリー2GB、記憶装置:32GB、バッテリー容量:2450mAh」と、ブラウジングや軽いゲームをするには十分の性能は備わっています。

「AQUOS SH-RM02」は、楽天モバイル限定機種です。楽天モバイル以外で販売されている機種「AQUOS SH-M02」との違いは記憶装置を16GB⇒32GBに増加させ、色の種類を増やしています。

防水、おサイフケータイ機能がついており、日本メーカーのスマホなので、非常におすすめです。

特におサイフケータイを搭載したスマホがこの価格で入手できるのは、革命的だと思います。

「AQUOS SH-M02」の市場価格は4万円以上です。発売から1年経過しているロングセラーなので、製品としての熟成度は高いと思います。

HUAWEI P9 lite【コミコミプランM】

楽天モバイルコミコミプラン HUAWEI P9 lite

「HUAWEI P9 lite」は、楽天モバイルコミコミプランMのセット端末です。

「5.2インチ 液晶ディスプレイ(1080×1,920)、8コアCPU(kirin650)、メインメモリー2GB、記憶装置:16GB、バッテリー容量:3000mAh」と、高性能です。

「HUAWEI P9 lite」の特徴は、高性能、高品質なわりに価格が安いことです。市場価格は25,000円(税抜)前後です。

5.2インチのフルHDディスプレイを搭載しています。メタルフレームボディにも関わらず重さ147g、7.5ミリの薄さを実現しています。

1300万画素のアウトカメラと800万画素のインカメラを装備しており、カメラ機能にもこだわっています。

高感度の指紋認証センサーを搭載し、高い安全性と利便性をもっています。

価格は高くなりますが、ゲームなどをストレスなくプレイするには、これくらいの性能はほしいところです。

arrows M03【コミコミプランL】

楽天モバイル arrows M03

「arrows M03」は、楽天モバイルコミコミプランLのセット端末です。

「5インチ 液晶ディスプレイ(1280×720)、4コアCPU(MSM8916)、メインメモリー2GB、記憶装置:16GB、バッテリー容量:2580mAh」と、必要十分なスペックです。

「arrows M03」の特徴は、おサイフケータイ、防水、ワンセグ機能をもつということです。楽天モバイルでの販売価格は32,800円(税抜)前後です。

前モデルの「arrows M02」は日本製で最も安いSIMフリー端末でした。スペックはあまり変化ありませんが、信頼性、耐久性、は当然進化させているはずです。

外観はメタルフレームを採用し、高級感は大幅に増加しています。色は4種類から選べます。ゴールドは楽天モバイル限定色です。

まとめ

楽天モバイルのコミコミプランのメリットをまとめると次のようになります。

  1. 端末セットで購入するより割安
  2. 新規契約でも割引が適用される

楽天モバイルのコミコミプランのデメリットをまとめると次のようになります。

  1. 2年契約が必要
  2. 5分かけ放題オプション解約で違約金12,000円が発生
  3. 楽天モバイルの他のキャンペーンが対象外
  4. 端末や高速データ通信容量を選べない

楽天モバイルのコミコミプランを申し込むことにより、価格が安くなるというメリットがあります。しかし、2年縛りがあったり、端末や高速データ通信容量が選べないなど、制約が多いため、恩恵を受けられる人が限定されると思います。

もっと幅広く適用されるよう改善してほしいと思います。

楽天モバイルのコミコミプランは制約が多い反面、条件に合う人であれば、節約効果は大きいと思います。今後、乗り換えや新規契約を検討している方は検討すべき案件だと思います。

楽天モバイルでは定期的に端末割引キャンペーンを実施しています。楽天モバイルコミコミプランのデメリットで説明した制限に納得できなければ、通常の通話SIMを契約することも選択肢の一つと考えます。

楽天モバイルの申込みに関するメリットと注意点は以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

楽天モバイルへ乗り換える際のメリットと注意点