誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

ワイモバイルのスマホをお得に購入するための注意点

ワイモバイルのスマホをお得に購入するための注意点

ワイモバイルの割引サービスを併用するとお得

ワイモバイルでは、2016年6月から「ワン!キュッパ割」を実施しています。条件に適合した人は、機種代込みで、月額1,980円(2年目は2980円)でスマホを維持できます。

ワイモバイルの「スマホプラン」は10分以内の無料通話300回分が基本料金に含まれ、パケット通信もできます。さらにスマホの分割払い金額も込みで月額1,980円(2年目は2,980円税抜)なので、同一条件では他の通信会社と比較すると最も安くなります。

ワイモバイルの「ワンキュッパ割」と「家族割」または「光おトク割」は併用できます。

例えば、Softbank光(集合住宅)とワイモバイル3回線を契約すると「光おトク割」でワイモバイルの利用料金から3,800円(税抜)の割引が適用されます。「ワンキュッパ割」と「光おトク割」は併用できますので、さらに安くスマホを維持できます。

この記事ではワイモバイルでスマホをお得に購入する条件や、注意点などを解説します。

目次

  1. ワイモバイルの概要
  2. ワイモバイルでスマホを購入するメリット
  3. ワイモバイルでスマホを購入するデメリット
  4. ワイモバイルを月額1,980円(2年目2,980円)で運用する条件
  5. ワイモバイルの申し込み方法
  6. ワイモバイルの解約方法
  7. ワイモバイルのおすすめ機種
  8. まとめ

ワイモバイルの概要

ワイモバイルはソフトバンク株式会社が運営する携帯電話の販売や通信サービスを提供する通信ブランドです。

スマホやPHSなどのモバイル通信サービスを低価格で提供しています。どれくらい安いのかというと、大手大キャリアのスマホ維持費の半額で維持できるくらい安いです。

安い代わりに、購入できる機種は限られます。なぜか3年前の最新機種であるiPhone5sがワイモバイルでのみ販売されています。

ワイモバイルの前身はイーモバイル・ウィルコムです。イーモバイル・ウィルコムはPHSのサービスを提供していました。PHSは通信エリアが狭いので、田舎では電波が届かないのではと心配の方がいると思いますが、そんなことはありません。

ワイモバイルのスマホはソフトバンクのネットワークを使用しています。ワイモバイルのスマホの通信エリアはソフトバンクと同じです。

ワイモバイルでスマホを購入するメリット

ワイモバイルでスマホを購入するメリットは以下のようなものがあります。

通信料が安い

ワイモバイルの最大のメリットは大手キャリアと比較して通信料が安いことです。大手キャリアの半額程度で同じような条件で契約することができます。

格安SIMの通話プランは通信料が安い代わりに通話料が高いなどの制約があります。ワイモバイルは大手キャリアと同じような料金プランを設定できることが大きな強みとなっています

下の表はワイモバイルの料金プランです。

スマホプラン S スマホプラン M スマホプラン L
高速データ通信料 1GB⇒2GB 3GB⇒6GB 7GB⇒14GB
基本使用料(税抜) 2980 3980 5980

ワイモバイルでは2015年9月から、「データ容量2倍キャンペーン」が実施されています。新規または他社から乗り換え(MNP)で契約すると、高速通信容量が2年間2倍になるキャンペーンです。

ワイモバイル「スマホプランS」の通信料が2Gで足りないときは、毎月1,000円追加し、「スマホプランM」にすることにより、6GBまで使えるようになります。

上記の料金プランにワイモバイルの「ワン!キュッパ割」が適用されると12か月間、基本料から1000円(税抜)が割引されます。

例えばワイモバイルの最低維持費は機種代込みで月額2,980円(税抜)です。さらに乗り換え等の条件をみたせば1年間1,000円割引されるため1年目は月額1,980円(税抜)になります。

ワイモバイルでMNP契約した場合、同時に購入したスマホの機種代金は毎月の通信量から割引されます。一部の機種は、実質負担額0円で入手できるため、月額料金は「スマホプランS」の料金のみ1,980円(2年目2,980円)となります。

ソフトバンクにおいて、同じような条件で月額費用を計算すると、「通話定額ライト(1700円)」「データ定額ミニ1GB(2900円)」「ウエブ使用料(300円)」の、月額料金5900円になります。

ただし、上記ソフトバンクの料金プランでは、スマホを購入時の「月月割」を適用できません。ソフトバンクスマホ購入時の「月月割」を適用させるには「データ定額5GB(5000円)」以上のプランを選択しなければならないからです。

ソフトバンクなどの大手キャリアでは、毎月の利用料金を高く設定し、iPhoneのように高機能なスマホを格安で提供しています。したがって大手キャリアで安いスマホを買うと損をします。

ワイモバイルの料金が安い理由は、月額料金を安くして、iPhone5Sのような安いスマホを販売するビジネスモデルになっているようです。

iPhone7のような最新機種にこだわりがなければ、ワイモバイルで契約するほうがお得です。

ワイモバイルのスマホプランに無料通話がついてくる

ワイモバイルのスマホプランには1回あたり10分以内の無料通話が300回分ついてきます。日本国内であれば、固定電話や、他社ケータイを含めどこへかけても無料です

1か月間に300回を超える、または1回あたり10分を超える国内通話は、30秒につき20円の通話料が別途かかります。

ワイモバイルで無料通話の回数や時間を気にせずに通話したいときは、「スーパー誰とでも定額」のオプションをつけることができます。「スーパー誰とでも定額」をつけると、月額1,000円で時間・回数とも無制限。国内通話がかけ放題になります。

ワイモバイルのスマホ「LUMIERE 503HW」をMNPで購入し「スマホプランS」に「スーパー誰とでも定額」オプションをつけると、機種代金込みで月額料金2,980円(2年目3,980円税抜)となります。

ソフトバンクでiPhone7を同じような条件で購入すると、「通話定額(2700円」「データ定額ミニ2GB(3500円)」「ウエブ使用料(300円)」に機種代金を足すと月額料金6,917円(税込7,470円)になります。

ワイモバイルとソフトバンクを比較すると2年間で9万円近く節約できる計算になります。

ワイモバイルの店舗がたくさんある

ワイモバイルショップは、ドコモショップやau、ソフトバンクほどではありませんが、全国に多数あります。所有の機種に不具合が発生したときなどに最寄りのワイモバイルショップに持ち込んで相談することができます。

また、新規契約や機種変更時にワイモバイルショップの店員から詳細の説明を受けることができ、安心です。

家族割がある

ワイモバイルを家族で2台以上契約すると、1台あたり500円の割引が適用されます。

家族割はワンキュッパ割引を併用できますので、月額1980円からさらに500円が割引されます。

1年目:1620円(機種代金の分割払い分)2年目:2480円となり、さらに安くなります。

光おトク割がある

ワイモバイルとソフトバンク光を同時に契約すると、ワイモバイルの月額料金が割引されます。

例えばソフトバンク光(マンション)とワイモバイル3台の契約で毎月のワイモバイル利用料金から3800円割引されます。

1台あたりの割引額は1266円となります。うまく利用するととても安く運用できます。

詳しくはこちらを参照ください。

ソフトバンク光とワイモバイルのセット割引がすごい

もちろんワイモバイルオンラインストアでの新規契約やMNPも可能です。ワイモバイルオンラインストアでは、チャット機能が便利です。

ワイモバイルでスマホを購入するデメリット

ワイモバイルでスマホを購入するデメリットは以下のようなものがあります。

選べる機種が少ない

ワイモバイルの機種は、ソフトバンクと競合しないようになっています。そのため、ワイモバイルで取り扱う機種は、1~2世代前のモデルになってしまいます。

ワイモバイルで最新の高性能モデルはないとはいえ、逆にそれなりの機種が安く手に入るので、節約派にはデメリットとはなりえません。

下の表は2016年11月現在、ワイモバイルのおすすめ機種とのりかえ(MNP)購入時の月額割引の一覧表です。税込表示になっています。

端末賦払金 スマホプランS
月額割引
スマホプランM
月額割引
スマホプランL
月額割引
android one 2160 -1080 -1620 -1620
LUMIERE 1620 -1620 -1620 -1620
Nexus5X 16G 1620 -1080 -1620 -1620
iPhone5S 16G 1620 -1620 -1620 -1620
iPhone5S 32G 1782 -1782 -1782 -1782

例えばワイモバイルオンラインストアで「iPhone5S 32G」を分割購入すると、毎月の分割払い金は1782円(税込)です。乗り換え時の月額割引は「スマホプランS」のとき-1782円(税込)のため、実質負担額は0円となります。

android oneを「スマホプランS」で契約すると、毎月の分割払い金は2160円(税込)です。乗り換え時の月額割引は-1080円となり、実質負担額は、毎月1080円×24回となります。

分割払い金から月額割引をひいた、「実質負担額」をまとめた表は以下のようになります。

スマホプランS
実質負担
スマホプランM
実質負担
スマホプランL
実質負担
android one 1080 540 540
LUMIERE 0 0 0
Nexus5X 16G 540 0 0
iPhone5S 16G 0 0 0
iPhone5S 32G 0 0 0

以上のように、プランによって機種代金の実質負担額が変わることがあります。ワイモバイルの一番安い料金プランである「スマホプランS」でも実質無料の機種が増えました。

2016年11月からiPhone5Sの32GBモデルが全プランで実質無料になりました。iPhone5Sの発売日は2013年9月なのでは3年以上前の機種ですが、まだまだ現役で使えます。小さくて使いやすい機種だと思います。

2年間の最低利用期間がある

ワイモバイルのスマホプランはドコモなどと同じ2年間の契約となっています。2年契約にしないという契約方法もありますが、月額料金が2倍近くに跳ね上がるので、2年契約が普通です。

ワイモバイルでは、大手キャリアと同じく、2年後の契約更新月以外の月に解約すると、9,500円(税抜)の契約解除料がかかります。契約更新月に解約しないと、2年間の契約が自動更新されます。

ワイモバイルで自動更新されると、「データ容量2倍キャンペーン」が終了となり、高速通信容量が半分になります。毎月の支払金額は変わりませんが、スマホの分割購入分の割引が終わり、お得感がなくなります。

ワイモバイルの途中解約金を払わずに解約するには、「契約更新月」の2か月の間に解約しなければなりません。「My Y!mobile」等で自分の契約内容をつねに意識しておく必要があります。

ソフトバンクからの乗り換えだと、MNP割引特典が適用されない。

ワイモバイルはソフトバンクが運営しています。したがってMNPの割引特典を適用させるには、ソフトバンク以外からのMNPでなければなりません。

MNP割引特典を適用させるには、auやドコモ、その他格安SIMのキャリアからワイモバイルへ乗り換えるようにしてください。

ワイモバイルの端末はSIMロックされている。

ワイモバイルで購入できる端末はすべてSIMロックされています。基本的にワイモバイルを解約後にワイモバイルで使用していた機種を他社で流用することができません。

ただし、一部の機種ではSIMロックを解除できます。「Huawei LUMIERE 503HW」や「Nexus5X」「android one」はSIMロック解除可能です。「iPhone5S」はSIMロック解除不可です。

ワイモバイルでSIMロック解除できる期間は「購入日から180日経過後から、解約後90日まで」です。「My Y!mobile」で手続きをすればSIMロック解除手数料はかかりません。

ワイモバイル解約後も予備としてスマホを使いたい場合はSIMロック解除できる端末を選定し、契約期間内に早めにSIMロック解除手続きをすることをおすすめします

ワイモバイルを月額1,980円(2年目2,980円)で運用する条件

ワイモバイルで月額1,980円(2年目2,980円)で運用するには次の条件が必要です。①他社からワイモバイルへ乗り換えること②「ワンキュッパ割」を適用させること③「Huawei LUMIERE 503HW」又は「iPhone5S」を購入すること。

①他社からワイモバイルへ乗り換えること

ワイモバイルを最安値で運用するための前提となるのが、他社からの乗り換え(MNP)です。他社とは、「ソフトバンク」以外のことをいいます。

ワイモバイルで新規契約の場合、分割購入割引が減額されてしまうため、月額料金が高くなります。

②「ワンキュッパ割」を適用すること

ワイモバイルの「ワンキュッパ割」を適用すると1年目の月額料金が1,000円割引になります。

以前は「学割」という形で、同じような割引がありましたが、2016年6月からは年齢制限がありません。

ワイモバイルを「スマホプラン」にて、新規または他社からののりかえ(MNP)で、で契約すると「ワンキュッパ割引」が適用されます。

③「Huawei LUMIERE 503HW」又は「iPhone5S」を購入すること

ワイモバイルを実質0円で購入できる機種は「Huawei LUMIERE 503HW」または「iPhone5S」の2択となります。実質0円で購入するには他社から乗り換えが必要です。

「おさいふケータイ」や「防水」機能が必要であれば「Android one 507SH」を選択できます。その場合は機種代金の分割払いとしてプラス500~1,000/月かかります。

ワイモバイルの製品の中では「Huawei LUMIERE 503HW」も「iPhone5S」も評価が高く、コストパフォーマンスが高いのでおすすめです。

さらに「家族割」または「光おトク割」が併用できる

ワイモバイルの「家族割」は2台目以降のスマホプランの料金が500円割引されます。ワイモバイルのスマホを月額1,480円(2年目2,480円)で運用できます。

ワイモバイルの「光おトク割」とは「SoftBank 光」または「SoftBank Air」と、ワイモバイルサービスをセットで利用すると、毎月最大5,200円割引するサービスです。

例えば、Softbank光(集合住宅)とワイモバイル3回線を契約すると「光おトク割」で1台あたり1,266円(税抜)の割引が適用されます。ワイモバイルのスマホを月額714円(2年目1,714円)で運用できます。

ソフトバンク光とワイモバイルの「光おトク割」については下記の記事を参照ください。

ソフトバンク光とワイモバイルのセット割引がすごい

ワイモバイルのおすすめ機種

Huawei LUMIERE 503HW

ワイモバイルHuawei LUMIERE 503HW

ワイモバイルで購入できる端末で最もおすすめの機種は「Huawei LUMIERE 503HW」です。SIMフリー端末で人気の「HUAWEI P8lite」のワイモバイル版です。

MNPの場合、月額割引が適用され、スマホプランSであっても実質0円で導入できます。

「5インチ 液晶ディスプレー(1,280×720)、オクタコア(Kirin620)のCPU、メインメモリー2GB、記憶装置:16GB、バッテリー容量:2200mAh」と、実質0円で買える機種としては機能が高いです。

その他のおすすめ機種

3年前の最新機種の「iPhone5s 32G」もおすすめです。画面が4インチと小さいので携帯性は抜群です。

そのほかおサイフケータイを搭載した「Android one」(スマホプランSで実質25920円)もおすすめです。

ワイモバイルの申し込み方法

ワイモバイルオンラインストアからのりかえで申し込む方法を記載します。

申込み前に準備するもの

①本人名義のクレジットカード・・・・料金の支払方法は、本人名義のクレジットカードのみです。名義人の違うクレジットカードは使えないので、注意が必要です。

②本人確認書類・・・・携帯電話不正利用防止法に基づく本人確認のため、免許証などの本人確認書類が必要です。免許証のほか、健康保険証、パスポートなども可能です。

③MNP予約番号(MNPの場合のみ)・・・・転出元のキャリアから「携帯電話番号ポータビリティ(MNP)予約番号」を取得してください。MNP予約番号を取得してから2日以内に申し込む必要があります。

1.WEBから申込み

申し込みは、パソコン、スマートフォンどちらからでも可能です。ワイモバイルオンラインストアで「LUMIERE 503HW」又は「iPhone5S」を探します。

「LUMIERE 503HW」又は「iPhone5S」のページで「カラー選択」は好きな色を選択します。「お申込み区分」は「のりかえ(MNP)・番号移行」を選択します。「現在お使いの端末」は「ドコモ、au、MVNO各社」を選択します。

「プラン選択」は「スマホプランS」「24回払い」を選択します。

「月々のお支払額(目安)」が自動計算されます。お支払額が「2,138円/月」になっていることを確認します。

オプションパックのチェックをすべて外します。

明細の合計が「2,138円/月」になっていることを確認して、「ご購入手続きへ」をクリックします。

ワイモバイル機種の2台目以降の契約か、Softbank光を利用していれば、チェックをつけ、契約者情報を入力し、「お客様情報入力へ」をクリックします

画面表示に従って、住所、氏名、勤務先、クレジットカード情報などを入力し、確認画面で問題なければ申し込み完了です

②本人確認書類アップロード

本人確認書類のコピーの送付方法はFAX、もしくは画像アップロードのいずれかとなります。画像アップロードが簡単です。

「免許証」や「マイナンバーカード」など、指定の本人確認書類を撮影して保存します。「画像アップロード専用URL」を探します。「申込み番号」などを入力、「画像ファイル」を選択してアップロードします。

③端末・SIMカードの発送

お申し込み手続きと本人確認が完了次第、ワイモバイルから端末とSIMカードが発送されます。出荷時に出荷完了メールが届きます。

④受け取り・利用開始

SIMカードとスマホ本体の到着日から2日後に自動的に転出元の端末から、新しい端末に通信が切り替わります。例えば月曜日に商品が到着したら、水曜日に切り替わります。

通信が切り替わるタイミングは10:00~19:00ということで、はっきりしません。通信が切り替わると転出元の端末が圏外になり使えなくなるので、そのタイミングで新しいスマホの電源を入れると、使えるようになります。

ワイモバイルオンラインストアのホームページにチャット機能があり、質問したらすぐに返事が返ってきますので、問題や質問があるときは活用しましょう。

ワイモバイル解約方法

ワイモバイルの解約についてはワイモバイルショップ店頭で解約手続き、または郵送での解約手続きができます。

ワイモバイルショップ店頭で解約する場合は、免許証などの本人確認書類と印鑑が必要です。契約者の家族が店頭で手続きする場合は、住民票や委任状が必要になります。

郵送で解約するときは契約者がワイモバイル カスタマーセンター(151)へ解約すること伝えます。すると解約申込書が送られてきます。

解約申込書に必要事項を記入して返送してください。

事前に契約更新月を確認しておくこと

ワイモバイルの契約更新月に解約すると契約解除料9,500円(税抜)が発生しません。契約更新月は、2年契約満了後の2か月間です。

契約更新月は「116]に電話するか、「My Y!mobile」にログインして確認することができます。

事前に契約更新月を確認しておき、契約解除料を請求されないようにしてください。

ワイモバイルまとめ

ワイモバイルの料金プランや割引サービスをうまく活用すると、通信費を大幅に節約できます。

ワイモバイルのデメリットも人によってはそれほど大きな問題ではないと思います。

ワイモバイルのスマホで月額1980円(2年目2980円)で運用するには「LUMIERE 503HW」又は「iPhone5S」を選択しましょう

ワイモバイルの「光おトク割」や「家族割」を適用させるとさらに安く運用できます。

ワイモバイルは、通話やデータ通信をしつつ、スマホ1台で使いたい人には最安値で運用できます。ドコモなどで契約満了月の近い方は検討してみてはいかがでしょうか。