誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

2016年 10,000円~15,000で買えるSIMフリースマホ

10,000円~15,000円で買えるSIMフリースマホ

2016年からキャッシュバック規制が本格化し、大手キャリアのキャッシュバックがなくなりつつあります。にもかかわらず月額料金は下がらない。ますます大手キャリアでスマホを購入するメリットがなくなりつつあります。

そのような状況の中で格安SIMの人気が高まっています。格安SIMを利用するには、SIMフリースマホを入手する必要があります。

10,000円以内で買えるSIMフリースマホもありますが、LTEの端末は選べません。テザリング等を快適に行うためには、やはりLTEの高速データ通信を利用したほうがいいでしょう。5,000円程度予算を上乗せすればLTE対応のスマホを入手できます。そこで今回は10,000~15000円以内で買えるスマホを紹介します。

今回紹介するのは以下の機種です。

価格の安い順に並べています。

10,000円~15,000円で買えるスマホ

次の表に2機種のスマホのスペック比較をまとめました。価格はAmazonで調べました。

スペック比較表

製品名 FREETEL Priori3 LTE Ascend G620S
メーカー プラスワン・マーケティング Huawei
税抜 12130 13704
税込 13100 14800
発売日 2015/11/20 2014/12/12
OS種類 Android 5.1 Android 4.4
最大待受時間 300時間(LTE)
内蔵メモリ ROM 8GB RAM 1GB ROM 8GB RAM 1GB
CPUコア数 クアッドコア クアッドコア
外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード microSDメモリーカード
バッテリー容量 2100 mAh 2000 mAh
画面サイズ 4.5 インチ 5 インチ
画面解像度 854x480 1280x720
Bluetooth Bluetooth 4.0 + LE Bluetooth 4.0
テザリング対応
LTE対応
メインカメラ画素数 800 万画素 800 万画素
GPS機能
デュアルSIM
SIM情報 標準SIM/micro-SIM micro-SIM
幅x高さx厚み 65x132x8.9 mm 72.1x142.9x8.5 mm
重量 120 g 160 g

1番目におすすめのスマホAscend G620S

私はこの機種をDMM mobile で購入しました。一括購入では13,824円で買えます。アマゾンでは税込14,800円で買えます。

DMM mobileは、データ通信の料金プランが充実しており、高速データの通信容量をsim3枚でシェアできることが大きな特徴となっています。私はSIM3枚を契約して家族のスマホやタブレットなどに使っています。2016年4月現在は分割払いの総支払額が上がったため、一括払いで買ったほうがお得です。

テザリングが目的だったので、一番安い機種にしたのですが、これを選んで正解でした。ワンタッチでテザリングがon、offできるアプリが標準で入っているのでスマホが不慣れな人でもモバイルルーターと同じように使うことができます。

CPUはクアッドコアです。比較リスト内の全機種がクアッドコアなので、標準的だと思います内臓メモリはRAM1GB、ROM8GBなので少し頼りないですが、重いアプリを入れなければ十分です。スペック上は他機種と同じですが、価格.COMのレスポンス評価が4.22と、同価格帯のスマホと比べるとずば抜けています。

一番驚いたことはバッテリーの持ちが非常にいいことです。価格.COMのバッテリー評価は4.32と、比較リストの中では最高です。ブラウザアプリでニュースを読む程度の使い方では余裕で1日持ちます。1日出張で移動中にネットラジオや音楽を聴いても大丈夫。標準のアプリで省電力管理が行き届いており不安定な動きがありません。

画面の大きさは5インチなので大きく、解像度は高精細で見やすいです。カメラは800万画素と一般的です。重さは160gとiphone6 plusよりも10g軽い程度です。やはり5インチだと片手で使うには厳しいと思います。

防水機能やおサイフケータイの機能はありません。LTEに対応しているので、テザリングの通信速度は速いです。

Ascend G620S まとめ

私はこのスマホの所有者としてこの機種を強くお勧めします。特殊な使い方をしなければ欠点がほとんどないので選んで間違いない機種です。日本のメーカーではこのAscend G620Sのような安くて使い勝手の良いスマホは作れません。富士通あたりに頑張ってほしいと強く願います。

2番目におすすめのスマホFreetel Priori3 LTE

Freetel Poiori3は4.5インチのスマホです。Ascend G620Sでは大きすぎるという人にはおすすめです。Amazonで税込12,500円で買えます。LTE通信がいらないという人には2,000円ほど安いPiori2でもいいでしょう。Priori2とProiri3の違いはバッテリー容量くらいです。

カタログ上のスペックはG620Sと同程度です。Priori3はバッテリー容量がG620Sより100mAh大きい2100mAhとなっています。バッテリーの持ちは期待できます。

価格.COMの満足度評価はG620Sの4.33に対してPriori3は3.91とやや低いです。特にボタン操作とレスポンスの評価が低いので、スマホで調べものをしたり、ゲームをするにはきついかもしれません。

まとめ

10,000円~15,000円の価格帯のSIMフリースマホは、メモリーはRAMが1GBしか搭載されていません。あと5,000円予算を上乗せすればRAMが2GBの機種を選択できます。

RAMが2GBあれば、ゲームなどもより快適に動きます。かといって高いスマホを買うことはお勧めしません。スマホの技術進歩と、生産合理化は速いため、1年前の同一スペックのスマホを半額で買えたりします。そういった意味では、今は新しい機種を買わずに我慢するのもありかもしれませんね。