誰にでもできる!節約ブログ!

収入が少なくても豊かな生活をしたい。誰にでも実践できるお得な情報を発信します

auガラケーのお得な料金プラン4種類

auガラケーのお得な料金プラン4種類

auガラケーの3Gケータイはすべて販売終了

auで人気のガラケーであった「GRATINA2」は2016年6月時点でauオンラインショップでの販売が終了し、入手できなくなりました。

auガラケーで最後の生き残り「簡単ケータイK012」も2016年9月時点で一括0円で購入できる店はほとんどなくなりました。

auガラケーの3Gケータイは4Gケータイ(ガラホ)に世代交代してしまったようです。

この記事は2016年8月以前の記事として参考にしてください。

ガラホに関する記事は以下を参照ください。

最低維持費は636円!auガラホの実力と活用方法

auガラケーの最低維持費は420円

唯一の生き残りである「簡単ケータイK012」をMNP一括0円購入し、プランEで運用すると、最低維持費は420円になります。

auガラケーにする最大のメリットはデータ定額プランに加入しなくてもいいことです。データ定額プランを外すことにより、毎月の維持費が4,000円以上安くなります。

auガラケーの料金プランはほかのキャリアと比較して選択肢が多いです。使い方によって適切な料金プランを選択することができます。通話専用としてauガラケーを使う場合であっても、毎月の通話時間やメール使用の有無によりどの料金プランを選ぶべきかが変わってきます。そこで、auガラケーのお得な料金プラン4種類をまとめてみました。

auガラケーを契約する際に他社からauへMNPで乗り換えることにより大幅な割引が適用されます。今回比較した料金プランは、他社からauへMNPによるのりかえ契約を前提としています。

auガラケーの新規契約や、機種変更の場合、毎月割の割引額が少なくなるため、維持費が上がります。

auガラケーのお得な料金プラン4種類の維持費比較

料金プラン最低維持費(円)
①電話カケ放題プラン1,994
②プランSS
(1,000円分の無料通話つき)
1,010
③プランE+キャリアメール744
④プランE420

各料金プランの使用条件と明細について次にまとめます。

①電話カケ放題プラン

  • 条件1:他社から乗り換え(MNP)
  • 条件2:「簡単ケータイK012」を一括購入。
  • 条件3:キャリアメールを使わない。
  • 条件4:1か月あたり50分以上通話する。
項目料金(円)
電話カケ放題プラン2,200
毎月割-360
消費税152
ユニバーサル料金2
合計1,994

②プランSS(1,000円分の無料通話つき)

  • 条件1:他社から乗り換え(MNP)
  • 条件2:「簡単ケータイK012」を一括購入。
  • 条件3:キャリアメールを使わない。
  • 条件4:1ヶ月あたり10分~50分通話する。
項目料金(円)
プランSSシンプル934
消費税74
ユニバーサル料金2
合計1,010

プランSSシンプルには1,000円分の無料通話はがついてきます。無料通話は5,000円分まで繰り越し可能です。

③プランE+キャリアメール

  • 条件1:他社から乗り換え(MNP)
  • 条件2:「簡単ケータイK012」を一括購入。
  • 条件3:キャリアメールを使い放題。
  • 条件4:通話は家族のみ。
項目料金(円)
プランEシンプル743
EZWIN300
毎月割-360
消費税59
ユニバーサル料金2
合計744

④プランE

  • 条件1:他社から乗り換え(MNP)
  • 条件2:「簡単ケータイK012」を一括購入。
  • 条件3:キャリアメールを使わない。
  • 条件4:通話は家族のみ。
項目料金(円)
プランEシンプル743
毎月割-360
消費税35
ユニバーサル料金2
合計420

auガラケー各プランの具体的な利用方法

auガラケー2台を同時にMNP契約すると家族割により通話料がかかりません。例えば家族や交際中の相手と通話料を気にすることなく通話したいときは、カケホーダイプランを選択する必要はありません。「②プランSS」と、「④プランE」を契約し、相手の1台ガラケーを渡せばいいのです。この場合の毎月の維持費は、2台合計で1,430円になります。

auガラケーの「プランSS」であれば、料金5,000円分まで繰り越しできるので、特定の月に使いすぎても大丈夫です。

ガラケーを仕事で電話を使ったり、ついつい長電話してしまう人は「①電話カケ放題プラン」を選びましょう。2,054円で無制限に通話できるため安心です。

私の友人はauガラケーの「③プランE+メール」を使っています。家族間は無料通話なので通話し放題です。外部への連絡はメールだけで済ませてしまいます。したがって、基本料金の744円以外の料金がかかりません。

auガラケーのキャリアメールを使用するには「LTE-NET」を契約しなければなりません。LTE-NETを契約すると、パケット通信が可能となるため、誤ってパケット通信をしてしまう可能性があります。

auガラケーのEZ-WEBの機能を使わないようにするなどパケット通信管理には注意しなければなりません。3Gケータイは、スマホのようにバックグラウンドで通信することがないため、WEB閲覧をしない限り、通信量はかかりません。

auガラケーの維持費は、通話時間制限などのルールを守っていれば、基本料金以外に料金はかかりません。

ガラケーとスマホの2台持ちになる

ガラケーではLINEなどのスマホアプリが使えません。LINEでのコミュニケーションが当たり前になった今では、ガラケーのみで生活するのはとても不便です。必然的にスマホとガラケーの2台持ちになってしまいます。

私の妻はほとんど通話をしませんが、「LINEを使いたい」、「2台持ちは嫌だ」という条件があったので、ガラケーはあきらめて【楽天モバイル】 を契約しました。最近は楽天モバイルも通話し放題のオプションを導入するなど、ますます魅力的になっています。

auガラケー本体の分割購入はしないほうがいい

auガラケーの機種代金は一括払または分割払いで購入きます。分割払いで購入するときは36回払いです。したがってauガラケーの「毎月割」は36か月間適用されます。

一方、auガラケーの「誰でも割」は24か月ごとの更新です。24か月後に解約しようとすると、12回分の機種代金の残額を支払わなければなりません。機種代金の残額負担を避けるために「毎月割」の終了する36か月後に解約しようとすると、違約金9,500円(税抜)が発生します。

auガラケーの違約金と機種代金の支払を回避しようとするには、48か月間の契約が必要になります。しかも36か月目以降は「毎月割」が適用されないため、通信料が上がってしまいます。

auガラケーの「毎月割」が36か月とされている場合は、ガラケー本体を分割払いで購入するメリットがありません。一括払いで購入してください

auガラケー本体を一括0円で購入する方法

auガラケーの「簡単ケータイK012」の本体は最寄りのauショップで一括0円で購入できる場合があります。一括0円で購入できないときは通販を使うという手があります。レクサスプランニング という販売代理店は通信販売でauの端末を販売しています。、2016年7月の時点で、MNPであれば「簡単ケータイK012」を一括0円で購入できます。

例えばauオンラインショップで「簡単ケータイK012」を一括購入すると、本体価格12,960円となります。レクサスプランニングは通信販売でauガラケーの端末を購入できる最もお得なお店となっています。

auガラケーを一括0円で購入できる要件としては、「LTE NET」、「安心ケータイ サポートプラス」、「LTEダブル定額」のオプションを契約月の翌月まで契約しなければなりません。したがって毎月約1,200円費用が別途発生します。auガラケーを最低維持費で運用するには契約の翌月に忘れずにオプションを解約しなければなりません。

京セラ 「簡単ケータイK012」の概要

gratina2

auガラケーの「簡単ケータイK012」は、2012年5月にauより発売された京セラ製の3G携帯電話です。ケータイの操作に不慣れな人でも簡単に取り扱え、雑踏の中でも聞きやすい「スマートソニックレシーバー」が特徴のモデルです。

GPS、Bluetooth、カメラなどの基本的機能ほほか、防水機能、赤外線通信機能を搭載しています。ディスプレイは3.0型液晶を搭載。外部メモリーはmicroSDHC(最大32GB)をサポートしています。

まとめ

auガラケーは、使い方によっては非常にお得に使用できます。docomoやau、softbankなど大手キャリアでスマホを契約すると、どんなに安くても2年で10万円はかかりますが、auガラケーであれば電話カケ放題プランでも半額以下で維持できます。

携帯料金は料金体系複雑なため、家計の中でもっとも無駄の出やすい反面、よく検討すれば節約しやすい部分です。「スマホが本当に必要なのか」ということを検討し、auガラケーへの乗り換えを検討してみてはいかがでしょうか?

auガラケーはガラホに移行してしまい、今後、新しい機種は発売されないようです。

通話のみ使用するのであれば、ガラホよりもガラケーのほうがお得な料金プランを選べます。ガラケーを買うなら急ぎましょう。